「劣化肌」「疲労肌」「ニキビ肌」なら美容皮膚科へ

水分も貯えられない疲労肌 美容皮膚科で元気に

体の疲労というと栄養を摂って睡眠をとってという具体的な回復イメージが浮かんできます。しかし、それが疲労肌だとしたらどうすれば回復するのか、また若々しい肌になるのかイメージが湧きにくいです。

疲労肌とは栄養不足、睡眠不足、紫外線や化粧品などの外からの刺激で本来の肌機能が減退してしまっている状態です。すると肌の機能が低下して循環や再生が間に合わず、どんどん古い肌が残って疲労が蓄積されてしまいます。こうなると肌は弱くなり水分を蓄えておく機能もなくなります。肌にとって機能を動かすのに重要なのが水分ですので、これがなくなると疲労肌が一気に加速してしまいます。

化粧でも隠せないなら

しかし、スキンケアでは弱った肌の奥まで浸透させるのは至難の業です。そこで特別な機器や成分を使った美容皮膚科のケアが有効です。少しでも潤いを肌に届けて、早く回復させることが大切ですから、普段のスキンケアでは不十分です。そこで美容皮膚科の専門的で本格的なケアが肌の衰えを最小限にとどめて回復させるのにぴったりなのです。肌も正常な機能を取り戻すだけではなく、美しくよみがえってくるので美容面でもプラスになります。

疲労肌になる前にストップさせることが一番ですが、もしなってしまたら早めにケアしてもらうのが良いでしょう。